Author

  • 名前:まさる
  • 性別:男
  • 年齢:50歳
まさる

私は60歳で退職を迎えてから、以前獲得したライセンスを利用して電気の保安協会に再び就職をして電気保安の維持管理をしています。と言ってもライセンスが最も低い第3種というものなので一般のちっちゃい店や作業場で引き込み電圧が6kV(50kV未満までOKなのですが、この辺では暮らしていないため)のニーズ家までしか従事できないのですが、割り当てられた仕事を成し遂げています。趣味は全国旅行や草花の写真を撮ることと言うところです。
苦しい、2次吸収して太る、肌荒れなど、便秘になるといいことはありません。一度ハマると悪循環です。なるべくならないように気をつけています。

検索

便秘が原因となる病気について

cf34e8f2f6a7877812bf29ac85181ab4_s便秘は様々な病気の原因になるとも言われています。
ですから、風邪同様に軽視してはいけない症状の1つともいえるでしょう。
では、ここで病気のいくつかについて具体的に取り上げていきたいと思います。

■現代人に多い大腸がん
大腸がんの場合、便秘の症状が習慣化・慢性化している場合に多く引き起こされるといわれています。
食事のバランスを日ごろから気をつけたりと対策をすることが大切です。
腸内に長く便を溜め込んでしまうことで毒素が発生し、悪玉菌が増殖します。
これが、腸そのものにダメージを与えてしまうのです。

■痛みを伴いやすい腸閉塞
腸閉塞も、便が詰まってしまうことによって引き起こされる可能性が高くなるのです。
便を排出できない状態が続くと、腸内活動が鈍く・なくなってしまいます。
このことで、硬くなった便や毒素から腸壁が傷ついてしまうのです。

■治療はそれぞれのアプローチから
このような病気ともなると、まずは病気そのものの治療を行うことになります。
そして別の視点から便秘の改善なども行っていくことになるでしょう。
通院や処方薬などで治癒されればまだ良いのですが、状況によっては入院や手術なども必要となりますので、便秘症状を軽視しないことも大切なのです。

■日々の健康を考えよう
肉食ばかりの食生活を避けて食物繊維や野菜のバランスを考えて摂取すること。
そして、適度な運動やストレスを溜め込まないようにするなど日ごろからできる便秘対策はたくさんあります。
これらが、様々な病気の予防にもつながっていきますので、日ごろから意識をするようにしてください。

■サプリメントなども取り入れてみる
健康をフォローするために乳酸菌などのサプリメントを摂取するのもまた有効的です。
足りない栄養素をこうしたものを補給してみるのも良いでしょう。

関連ページ

ページ上に戻る