Author

  • 名前:まさる
  • 性別:男
  • 年齢:50歳
まさる

私は60歳で退職を迎えてから、以前獲得したライセンスを利用して電気の保安協会に再び就職をして電気保安の維持管理をしています。と言ってもライセンスが最も低い第3種というものなので一般のちっちゃい店や作業場で引き込み電圧が6kV(50kV未満までOKなのですが、この辺では暮らしていないため)のニーズ家までしか従事できないのですが、割り当てられた仕事を成し遂げています。趣味は全国旅行や草花の写真を撮ることと言うところです。
苦しい、2次吸収して太る、肌荒れなど、便秘になるといいことはありません。一度ハマると悪循環です。なるべくならないように気をつけています。

検索

海藻類でも豊富な栄養素を誇るひじき

c3c0d17b69a433276a4b7e1927e2a0f9_s便秘に効果的な食べ物は色々とあります。
中でも、手軽にそして日常的に摂取しやすいものの1つとして「ひじき」があるのです。
では、このひじきのどのような点が便秘改善において優れているといわれているのでしょうか。

■海草ならではの多くの食物繊維
ひじきには便秘改善に良いといわれている食物繊維が多く含まれているのです。
これは、海藻類の中でも最も多く含まれているといわれているのです。
1日の目標摂取量を100グラムでクリアできるのです。

■ひじきのネバネバ成分
ひじきには独特のネバネバ感があると思いますがねこれは「フコダイン」や「アルギン酸」が主成分となっています。
この成分が便秘の解消に役立っているのです。
更には、カルシウムなども含まれて居ますから、便秘になるとイライラしてしまうなどという方にも有効的なのです。

■妊娠中の便秘にも
妊婦の中には、便秘で苦しんでいる方も多くいらっしゃいます。
妊婦の方にもミネラルやビタミンなどもひじきからしっかり摂取することが出来るのです。
クセも強い食べ物ではありませんから、比較的に食べ進みも良いかと思います。

■生活習慣に取り入れたいひじき
ひじきの中には「クロム」という成分が含まれて居ます。
これは、インシュリンを活性化されるともいわれているのです。
このことから、血糖値を落ち着けてくれますので便秘の解消はもちろん、生活習慣病の予防などにも役立ってくれることでしょう。

■食べやすく工夫をして摂取しよう
炊き合わせなどは食べ進みが悪い・余り好きではないと思われるかもしれません。
そのような場合は、酢飯に混ぜていなり寿司にしたり、豆腐とまとめてあげてガンモドキにしたりすると栄養バランスもよく効率的に摂取することが出来るでしょう。

関連ページ

ページ上に戻る