Author

  • 名前:まさる
  • 性別:男
  • 年齢:50歳
まさる

私は60歳で退職を迎えてから、以前獲得したライセンスを利用して電気の保安協会に再び就職をして電気保安の維持管理をしています。と言ってもライセンスが最も低い第3種というものなので一般のちっちゃい店や作業場で引き込み電圧が6kV(50kV未満までOKなのですが、この辺では暮らしていないため)のニーズ家までしか従事できないのですが、割り当てられた仕事を成し遂げています。趣味は全国旅行や草花の写真を撮ることと言うところです。
苦しい、2次吸収して太る、肌荒れなど、便秘になるといいことはありません。一度ハマると悪循環です。なるべくならないように気をつけています。

検索

ニキビの原因は便秘かもしれない

e970a80d55ba27c185f6b5a5ca285508_s便秘の状態が続くと、肌荒れやニキビが出来てしまう。
そのようなところで悩んでいらっしゃる方もいるのではないでしょうか。
中には「たまたま重なっただけ」と考えられる方もまたいるかもしれませんが、ニキビと便秘は非常に関係が深くつながっているといっても過言ではないのです。
ではここで、ニキビと便秘について触れていきましょう。

■毒素が表面化する
便を腸内に蓄積することによって、中で腐敗し発酵してしまいます。
このことで「毒素」が発生するのです。
これが体内をめぐり、老廃物となって肌の表面にも現れてしまうのです。
この結果がニキビというわけです。

■血流が悪くなることが要因
老廃物が溜まってしまうと、血流を阻害してしまうので肌トラブルとなって現れるのです。
肌荒れをすることが多い・ニキビや吹き出物がすぐに出来てしまうという方の中には、日常的な便秘症状を抱えている方もいらっしゃると思いますので、まずは腸内環境というところに着目してみるのも良いでしょう。

■肌の老化にもつながっていく
血行が悪くなることでニキビが出来てしまうのですが、この血行は新陳代謝にも大きく関係してきます。
代謝率が低下してしまうのです。
このことで、肌が生まれ変わるサイクルが上手くいかなくなります。
これが、ニキビ状態を悪化させたりくすみやシミなどの原因ともなってしまうのです。

■体内外からの治療を
どんなにニキビだけを治療しても、大元の便秘を改善させない限りは同じ事を繰り返してしまう可能性があります。
ですから、まずは便秘というところに着目し、しっかりと対策をすることが大切です。
また、出来てしまったニキビに関しては、外用薬などで治療をすすめ悪化を防ぐようにしましょう。

関連ページ

ページ上に戻る