Author

  • 名前:まさる
  • 性別:男
  • 年齢:50歳
まさる

私は60歳で退職を迎えてから、以前獲得したライセンスを利用して電気の保安協会に再び就職をして電気保安の維持管理をしています。と言ってもライセンスが最も低い第3種というものなので一般のちっちゃい店や作業場で引き込み電圧が6kV(50kV未満までOKなのですが、この辺では暮らしていないため)のニーズ家までしか従事できないのですが、割り当てられた仕事を成し遂げています。趣味は全国旅行や草花の写真を撮ることと言うところです。
苦しい、2次吸収して太る、肌荒れなど、便秘になるといいことはありません。一度ハマると悪循環です。なるべくならないように気をつけています。

検索

2つの食物繊維がとれるキノコについて

478544f851fccbcdadbecf190283b87b_s便秘の解消をと考えていらっしゃる方の多くは、日常的な食生活を見直すということを実践されているかと思いまする
便秘に良いといわれている食品類は数多くありますが、その中の1つにキノコがあります。
キノコはとても優秀な食材なのです。

■キノコは食物繊維の宝庫
キノコは不溶性・水溶性双方の食物繊維を同時に含有している食材なのです。
こうした食材はとても貴重ともいえるでしょう。
この2つの食物繊維を摂取することによって、便が硬くなるのも防ぐことが出来ますし便そのものの量を増やしてくれますので排便しやすい環境を整えることが出来るのです。

■豊富な栄養素を含んでいる
キノコは、食物繊維ばかりではなく、ビタミンB軍なども含まれて居ます。
ですから、健康的に便秘を解消させることが出来るのです。
また、カロリーそのものも低いのでダイエットを行っている方の便秘対策としても取り入れやすいかと思います。

■蠕動活動が盛んになる
キノコの食物繊維の効果に、蠕動運動が盛んになります。
この際、コレステロールや老廃物を便とともに排泄してくれるのです。
便秘解消はもちろんですが、腸内環境を整えるという意味でも非常に有効的な食材なのです。

■キノコを摂取しよう
キノコの中でも、クセの少ないものから出汁などにも使えるもの。更にはガンの予防効果が期待できるものなど種類が非常に豊富です。
低価格で購入しやすいですし、料理のレパートリーも比較的に幅広いので毎日飽きることなく摂取していただけることでしょう。

■乾燥キノコでも良い
乾燥しいたけなどは、生の約12倍の食物繊維量といわれています。
一人暮らしなどであまり生のキノコを買わないという方でしたら、保存管理がしやすい乾燥キノコを利用していくのも良いでしょう。

関連ページ

ページ上に戻る